≪研究≫リフォームとリノベーション

まだ新しい家の補修でしたら、ちょっとしたリフォームということですが、わたしの家のように古い家だとリフォームではなくリノベーションになるそうで、中古で売られている物件などを購入されたかたたちもこのリノベーションをして、全く新しい家に住んでいらっしゃるそうです。リノベーションの良いところは新築物件よりも安く買えることなのだそうで、土地は広くても家がとても古いような物件など安いものがあれば買い、それを工事して全く新しい家に仕上げられます。間取りなども変更できるので買主の好きなデザインにすることができ、しかも一度骨組みだけにしてからの大規模な工事を行うこともできるので、それにより古い配管や電気配線、ガス管などの欠陥を発見して修繕することもできるので、小規模な工事のリフォームより安全な修復をできることになります。同じ地域の引越しなどで新しい家を購入したい場合は、あまり気にならないかもしれませんが、知らない土地に引っ越しをして家を購入する場合は、長年そこに住んでいた方の中古住宅を買いそれをリノベーションしてもらうというのも、その土地にあった家をさらに生活しやすく工事してもらうということでとても住みやすくなることだと思います。

none